ユウキロク

ユウキロク

日々感じたこと諸々書きます。 興味: Apple製品、カメラ、シンプルライフとミニマリズム

自分のカメラ歴、そして新しいカメラを探す。

PENTAX K-30を初めてのカメラ機材として購入してから5、6年経った。(正直いつ買ったかあんまり覚えてない)

 

それまで1万円くらいの家族共用のコンデジくらいしか触ったことなかったけど、海外いく機会とかあったりして折角ならいい写真が撮りたいなあと思ったのがきっかけ。

 

当時デジタル一眼レフカメラのエントリー機として優秀と評判だったし、筐体の形もカッコ良かったのでそこまで悩まずに購入した記憶がある。友人に「悩んでいる内に撮りたい一瞬が過ぎるくらいなら早く買ってしまえ!!」と言われたのがとても印象的だった。

 

f:id:yokumury:20180914072750j:image

 ▲なかなかイケメンなPENTAX K-30

 

 

当時は学生だったので海外含め色々なところに連れて行った、就職してからもずっと使っている。

 

f:id:yokumury:20130929094056j:plain

▲アメリカ ニューメキシコ州の砂漠を山の上から(冬だったけど砂漠の冬はめちゃくちゃ寒いよ)

f:id:yokumury:20131204091558j:plain

▲同じくアメリカのどこかの砂漠、小学校のグラウンドだったはず。砂漠だからか毎日強烈な夕日の色だった、星空も綺麗だった。

 

 

レンズ、構図などカメラの知識も皆無。

ただ自分が撮りたい画を切り取る、なんとなくいい感じに撮れるというだけでiPhone 7 Plusではなくでかくて重たいPENTAX K-30(本体のみで590gらしい、個人差あると思いますが僕には重たかった)を使っていた。

 

f:id:yokumury:20130803121744j:plain

▲場所変わって京都。京都感全くないけど昼寝中の野良猫さん。

f:id:yokumury:20150429123206j:plain

▲多摩動物園。夏バテするサイさん。

 

 

旅行や遠出する時は一緒に持っていき気が向いたら撮るスタイル。

そこまで持ち出す頻度は多くなかった、特に就職してからは重たいし今日はいいかあと思うことも多くなってきていた。

 

 

 

 

そんな時に従姉妹が結婚した。

親戚の中でも一眼レフというよくわからない機械を持っている人はいなかったので、写真を撮って欲しいと頼まれた。初めて自分以外の人の為に写真を撮った気がする。

 

ウェディングフォトとか撮った経験はないし、決して上手ではなかったはず。

けどLightroomとかでぽちぽちやって納品した時にお礼言われてスタバ奢ってもらった時はやっぱり嬉しいよね笑 (もちろんその時はプロのカメラマンが入ってました)

改めて写真撮るの楽しいなあーと思った。

 

 

そんなこともあり最近カメラ熱が再燃、この前初めて花火を撮りに行った。

f:id:yokumury:20180825195625j:plain

▲江戸川の花火。結構な枚数撮ってたのに…

 

流石にある程度下調べしていったんだけど、まあ全然上手く撮れんよね。

けど楽しいよね。

 

 

ちょっと前になるけどインスタグラムもやり始め、写真撮って発信しやすい環境だと思う(ブログのサイドバーに埋め込んでいるので良かったらフォローしてください)。

 

ちょっと長くなってきたから、いきなり結論にとんであれだけど、

 

気軽に持ち出せるカメラ が欲しい

 

と最近思っている。まだまだ下手くそだけど、やっぱり自分は写真を撮るのは好きみたい。人によると思うけど、僕にとってはPENTAX K-30はちょっとデカいし重たい。

かばんはカメラバッグでもないからからこれ入れるとまじで他何も入らないよ。

 

今まで持ち出す機会を減らしていた”デカさ”と”重さ”の部分が解決されたいい感じのカメラを探そう。

 

 

 

 

 

実際に検討中のカメラは別のエントリーにしようと思います。見ての通り素人なのでアドバイス頂けるととても嬉しいです。